超VIP専用掲示板

11401107Hit.
日本の超サッカー情報が公認のVIPのみ書き込みが可能です☆
若葉
日本代表の現在地F
・・・南野拓実 久保建英
・・・(大迫勇也)(鈴木武蔵)
・・・・・鎌田大地
原口元気・(中島翔哉)・・堂安律
(乾貴士)・・・・・・(伊東純也)
・・・・柴崎岳 遠藤航
・・(橋本拳人)(板倉滉)
・冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹
(中山雄太)(長友佑都)(植田直通)
・・・・・シュミットダニエル
・(権田修一 小久保玲央ブライアン)

森保式↓

・・・・・南野拓実
・中島翔哉(鈴木武蔵)久保建英
・(乾貴士)・・・・・(鎌田大地)
原口元気 柴崎 遠藤航・堂安律
(三笘薫)(橋本)(板倉)(伊東純也)
・冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹
(中山雄太)(昌子源)(植田直通)
・・・・・シュミットダニエル
・(権田修一 小久保玲央ブライアン)

東京五輪2021?(オフェンス)

・・・大迫勇也 南野拓実
・・・・(OA) ・・(OA)
・・・・・久保建英
三笘薫・・(飛び級)・・・堂安律
(国内組)柴崎岳 田中碧
・・・・・(OA)・(国内組)
・中山雄太 冨安健洋 板倉滉

・・・・小久保玲央ブライアン
・・・・・・(飛び級)

東京五輪2021?(ディフェンス)

・・・大迫勇也 久保建英
・・・・(OA)・・(飛び級)
・・・・・・堂安律
三笘薫・・・・・・・・三好康児
(国内組)
・・・中山雄太 板倉滉

・冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹
・・・・・・(OA)・・・(OA)
・・・・小久保玲央ブライアン
・・・・・・(飛び級)

海外組の現在地を。
武器の二列目の選手を活かすため、または長友佑都と大迫勇也の朽ちた後を考慮し3バック2トップの352にさせていただきました。
大迫はクラブで微妙であり南野は世界一?のクラブで苦戦しています。
2トップならポストプレーが大迫ほどでなくてもいいのかな。
森保JAPANの得点王である南野には以前、マンUで先発は少なくも活躍したパクチソンのような実績を期待も厳しいならクラブレベルを下げても良いかもしれません。
オーストリア→リバプールは段差が違いすぎますからね。
オーストリアでハーランドみたく得点量産なら理解もオーストリアリーグ11得点からリバプールですからね。
とはいえCLで日本人最多の3得点の本田圭佑(W杯も最多4得点)に次ぐ2得点であり代表実績(森保JAPAN得点王)を考えると南野ははまると得点が期待できます。
久保くんはメッシもクリロナも十代の頃はウイングでドリブラーであり得点力はありませんでしたから日本の得点力不足を考えるとレベルは違えど似たような成長曲線を描いてもらえれば。
KING KAZUもウイングからエースストライカーになりましたよね。
2トップなら南野と久保建英、鈴木武蔵(久保裕也よりキャリアアップ頼む)、武藤嘉紀、鈴木優磨とかを組ませられるかもしれない。
久保くんもEL得点した前半はトップ下という名目の実質パコアルカセルとの2トップだったみたいだしよりゴールに近い位置で得点力を磨きたい。
パコアルカセルと久保くんを南野と久保くんの2トップに置き換えてさ。
中島はポルトに戻りトップ下に居場所を見つけたようです。
サイドは守備力が必要でそれはないとのことでありポルトでレギュラーを掴めば4大リーグでなくてもかなりのレベルでしょう。
鎌田との争いは熱い。
代表実績は中島、クラブ実績は鎌田とレベルの高い競争です。
サイドは守備ができる原口、堂安がレベルの高い次元で得点関与できるようになり嬉しい。
途中から乾、伊東とか豪華です。
ボランチは柴崎がいよいよクラブで輝いてきました。
遠藤航はアジア最高のアンカーかもしれず得点力が欲しい時は柴崎→橋本拳人もありだし板倉滉も柴崎とコパで組んだ事があり中盤としては世界的にも高さがある。
3バックの冨安 吉田 酒井宏はアジア史上最高であり以前も中澤闘莉王がアジア最高でしたから日本はなんとも頼もしい。
控え左に左利きの若手の中山雄太が待機し、控え右には植田直通を入れて酒井宏樹を1列上げ遠藤航→板倉滉とかにすればセットプレーは吉田、植田、冨安、板倉と高さに担保ができます。
長友も帯同メンバーには入れておき4バックにも対応できるようにしておきます。
弱点のGKはシュミットダニエルが先発に復帰しました。
正GKの怪我での繰り上げもそのまま奪うとかありますからね。
権田も準備は大丈夫かな。
第3GKは川島永嗣の経験談も必要ですが時たま若手枠にし小久保玲央ブライアンあたりを帯同させたいです。
総合力はアジアNo.1ではないですかね。
明らかに負けているソンフンミンのところには近付けるのは個の力をふまえると久保建英 中島翔哉か?
引退したオマーン代表GKのプレミア100試合以上先発の黒人選手アルハブシに近付けるのは小久保玲央ブライアン?
中村航輔とか渡欧したら橋本拳人みたく覚醒するかもしれないんです。
橋本拳人と同じJ1ベストイレブン受賞者で力があるかもしれない。
そして国内組も応援しています。

・・・古橋亨梧 宇佐美貴史
・・・・(25)・・・(28)
・・・・・・江坂任
三笘薫・・・(28)・・・坂元達裕
・(23)・・・・・・・・・・(24)
・・・大島僚太 井手口陽介
・・・・(27)・・・(24)
・・瀬古歩夢 昌子源 渡辺剛
・・・(20)・・(27)・・(23)
・・・・・・中村航輔
・・・・・・・(25)

SUB
小林悠(33)
家長昭博(34)
清武弘嗣(30)
山口螢(30)
酒井高徳(29)
森重真人(33)
林彰洋(33)

海外組控えも応援しています。

・・・鈴木優磨 浅野拓磨
・・・・(24)・・・(25)
・・・・・奥川雅也
遠藤渓太・・(24)・・室屋成
・(22)・・・・・・・・(26)
・・・小林祐希 アペルカンプ真大
・・・・(28)・・・(19)
・・塩谷司 ハーフナーニッキ VW際
・・(31)・・(25)・・(26)
・・・・・山口瑠伊
・・・・・・(22)
SUB
岡崎慎司(34)
武藤嘉紀(28)
久保裕也(27)
本田圭佑(34)
香川真司(31)
森岡亮太(29)
長谷部誠(36)
川島永嗣(37)

日本代表に期待しています。
(SO-02L/bbtec)
若葉
日本代表の現在地E
・・・中島翔哉 久保建英
・・・・・OA・・(飛び級)
・・・・・・堂安律
三笘薫・・・・・・・・三好康児
(川崎)中山雄太 板倉滉
・・・・181p・186p
・冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹
187p・189pOA・183pOA
・・・・小久保玲央ブライアン
・・・・・(飛び級)
SUB
山口瑠伊 (ウエルバ)
田中碧 (川崎)
菅原由勢 (AZ)
遠藤渓太 (ウニオン)
安部裕葵 (バルセロナB)
食野亮太郎(リオアヴェ)
中村敬斗(シントトロイデン)

セットプレーは守備陣よろしく。


五輪代表も欧州遠征したいです。
11月12日〜17日はインターナショナルウィークじゃなかったかな?
17日がメキシコ戦ですよね。
12日にも試合組んで五輪代表+オーバーエージ枠3人でやればよかったのにな〜。
国内からは2名だけ無双の川崎から三笘薫と田中碧を連れていくと欧州組でもチームになります。
川崎さんなら強いから大丈夫のような?
リオ世代と違い東京世代は未来は期待も今はフォワードが厳しいですから、いっそ逆転の発想で0トップで個の力がありそうな中島翔哉と久保建英を2トップにしてしまえば守備の負担は減ります。
前の5人で攻撃させて後ろは守備固いですからね。
小久保玲央ブライアンとか一回確かめたいですよね。
そろそろオーバーエージ枠を決めて来年1月〜2月?のW杯二次予選なら相手がミャンマー、モンゴル、タジキスタン、キルギスなら五輪代表+オーバーエージ枠3人で勝てるのではないでしょうか。
召集は拒否できないしこの相手にA代表でボコボコにしてもどうなんでしょう。
もちろんオーバーエージ枠は有力候補の大迫 南野 柴崎でもかまいません。
GKと攻撃の個の力が課題ですから中島翔哉(OA )と久保建英(飛び級)の2トップにGK に小久保玲央ブライアン(飛び級)とか面白そうです。
誰になるかは森保さんが決めるので二次予選の消化試合時点で東京五輪本大会想定メンバーでやって欲しいです。
4試合なら連勝後の残り2試合を五輪本大会想定メンバー18名でやって1・2戦は他5人は大迫勇也、南野拓実、鎌田大地、柴崎岳、遠藤航とかを使ってさ。
なんか良い方法ないかな。
開催国の東京五輪サッカーで日本のメダルを観たいです!
お隣さんに負けて敗退でなければメダルで感動しそう!
五輪好きの日本国民にサッカー興味持って貰う好機でもありますよね。
下手したらW杯ベスト16より開催国五輪のメダルは国民受けが良いかもしれません。
男子サッカー界では五輪なんてお隣さんが銅メダルとか世界は覚えてないでしょうし私もすっかり忘れてました。
でも釜本さんの銅メダルとか伝説ですもんね。
男子サッカーは金メダルしか価値はないかもしれないですけど日本は大いに盛り上がります。
東京五輪日本代表に期待しています。
↓純東京世代は守備人材が豊富⤴️
フォワードは将来に期待?

・・・・小川航基 上田綺世
・・・(安部裕葵)(前田大然)
・・・・・・・堂安律
三笘薫・・・(森島司)・・・三好康児
(松尾佑介)山本悠樹 田中碧(菅原由勢)・・・(渡辺晧太)(安部柊斗)

・・中山雄太 冨安健洋 板倉滉
・(瀬古歩夢)(田中駿汰)(渡辺剛)
・・・・・・大迫敬介
・・・・・・(沖悠哉)

A代表も。
バリャドリードが1月に久保建英を獲得に動いてるみたいですよ。

・・・大迫勇也 南野拓実
・・・(武藤嘉紀)(久保建英)
・・・・・鎌田大地
原口元気・(中島翔哉)・伊東純也
(乾貴士)↑・・・・(三好康児)
・・・橋本拳人 遠藤航↓
・・・(柴崎岳)(板倉滉)
・冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹
(中山雄太)(長友佑都)(植田直通)
・・・・・シュミットダニエル
・(権田修一 小久保玲央ブライアン)

武藤嘉紀がクラブで試合出場し続けています。
堂安みたくそろそろ得点しないかな?
日本代表に期待しています。
(SO-02L/d)
若葉
日本代表の現在地D
・・・・・チャブンクン
ソンフンミン(独300試合)岡崎慎司
(プレミア14点)香川真司(4大247試合)
・・・・(4大186試合)
・・キソンヨン 長谷部誠
(プレミア187試合)(ブンデス300試合)
長友佑都・・・・・・・・酒井宏樹
(セリエA186試合)(独,マルセイユ215試合)
・・・吉田麻也 冨安健洋
・(セリエA189p)(セリエA187p)
・・・・・アルハブシ
(プレミア110試合 オマーン、8月に引退)
SUB
川島永嗣(リーグアン37試合)
ホンミョンボ(欧州外もアジアのリベロ)引退
内田篤人(ブンデス100試合)8月に引退
遠藤航(ブンデス席巻アジア最高のアンカーへ)
小野伸二(ヨーロッパリーグ優勝)
中村俊輔(フリーキックがワールドクラス)
中田英寿(セリエA182試合)
パクチソン(先発少も実績大,南野の理想)引退
本田圭佑(CLで日本人最多3点)
大迫勇也(ブンデス159試合)

アジアで主要リーグのレジェンドを探しました。
オーストラリアの2006W杯で日本を破った欧州移民選手は現在はほぼアジア移民に政策変更し減り続けていて欧州移民は実績が桁違いですので除外させていただきました。
⚠️現役の選手を優先しております。
日本はGK以外は以前は中澤、闘莉王、内田と守備は今も昔もアジアNo.1は間違いありません。
アジアレベルは超越しております。
総合力でアジア最多のベスト16を3回とちゃんと表していますね。
うん、課題はCFと4大GKです。
大迫はリバプールのフィルミーノみたいなもんで2列目が得点すればぼちぼちも(サラー、マネ役を求人中)GKは論外で完全に弱点。
鈴木優磨や小久保玲央ブライアンには頑張ってもらいたいですね。
南野(ベンチ、1月に移籍したほうが良い?まだ我慢?)も久保くん(途中出場でカード2枚退場、ビジャレアルなかなか強いわ。よく考えたらまだ高卒ルーキー)も鎌田(堂々と主力でPK獲得 )も堂安(遂に初得点しかもバイエルン!)も中島(よしベンチ入った)柴崎(テネリフェ時代の恩師に拾われ最近はぼちぼちかも)に得点関与で成長してもらい総合力でいくのかな?
将来的に鎌田は香川真司、久保くんは岡崎慎司、遠藤航は長谷部のところに割って入るかもしれない(ボランチとしては勝ってるかも)。
橋本拳人がロシアで得点力が覚醒中です。
海外行ってみるもんで得点力不足の日本には嬉しい誤算でステップアップあるなこれは。
CASKか独2部上位か独昇格組あたりにね。
中島翔哉はソンフンミンに、鈴木優磨はチャブンクンのところに少しでも近づきたい。
アルハブシのところは同じ黒人の小久保玲央ブライアンしかおるまい。
キソンヨンのところはいずれ中井卓大に塗り替えてもらいましょう!

・・・大迫勇也 南野拓実
・・・(鈴木優磨)(浅野拓磨)
・・・・・鎌田大地
原口元気 ・(堂安律)・ 伊東純也
(中島翔哉)・・・・・(三好康児)
・・・・柴崎岳 遠藤航
・・・(橋本拳人)(板倉滉)
・冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹
(中山雄太)(久保建英)(植田直通)
・・・・・シュミットダニエル
・(権田修一 小久保玲央ブライアン)
長友がね〜⤵️

・・・・・南野拓実
・中島翔哉(大迫勇也)久保建英
(原口元気)鎌田大地(伊東純也)
・・・・・(堂安律)
・・・・柴崎岳 遠藤航
中山雄太(橋本拳人板倉滉)酒井宏樹
(酒井高)吉田麻也、冨安健洋(室屋成)
・・・・(昌子源 植田直通)
・・・・・シュミットダニエル
・(権田修一 小久保玲央ブライアン)
↑中山雄太、守備よろしく。

以前からリオ世代は得点力が良いです。
中村航輔は海外移籍して欲しい。↓

リオ五輪世代

・・・・・・・南野拓実
・・・・・・・(鈴木優磨)
・・中島翔哉・鎌田大地・伊東純也
・・(浅野拓磨)(鈴木武蔵)(奥川雅也)
・(古橋亨梧)遠藤航,橋本拳人
・・・・(井手口陽介)(大島僚太)
・安西幸輝 ハーフナーニッキ 植田直通・室屋成
(山中亮輔)(三浦弦太)(中谷進之介)(vw際)
・・・・・・・中村航輔

ハーフ
オナイウ阿道(ナイジェリア)
鈴木武蔵(ジャマイカ)
ディサロ燦シルヴァーノ(イタリア)
ファンウェルメスケルケン際(オランダ)
ハーフナーニッキ(オランダ)

東京五輪世代 守備力が売りで三笘の出現で2列目が良くなるもフォワードがね⤵️
開催国じゃなければ吉田 酒井宏樹
柴崎をオーバーエージで華麗なるバルセロナ2トップで⤴️

・・安部裕葵 久保建英
・・・・・・・(飛び級)
・・・・・堂安律
三笘薫・・・・・・三好康児
・・・・板倉滉 田中碧
・・・・(柴崎岳or遠藤航)
・中山雄太 冨安健洋 橋岡大樹
(吉田麻也)・・・・(酒井宏樹)
・・・・・大迫敬介

ハーフ
アペルカンプ真大(ドイツ)2部出場の秘密兵器19歳)

日本代表に期待しています。
(SO-02L/d)
若葉
日本代表の現在地C
今回はオール海外組でした。
国内組を混ぜると隔離に入りますからね。
とても厳しい状況でお隣の国は来月は海外組(欧州)とアジア組を混ぜますからアジア組はリーグ戦が犠牲に…。
アジア組がACLとか大変そう。
日本は東京世代でさえ欧州組が多くて国内はGKと橋岡と三笘くらいでしょうか?
試合を組むにも遠征になる可能性があり三笘あたりは川崎は不在でも強そうですから連れて行きたいですよね。
逆に日本で試合組んだら海外組のリーグ戦隔離を考えるとちょっと…。
6月11日から7月11日は欧州選手権とコパアメリカがあり東京五輪は7月23日からですからバリバリの欧州所属選手は五輪に出場しないでしょう。
東京五輪出場国で前のもので正確ではないところがありましたらお許し下さい。

フランス

ムバッペ psg
デンベレ バルサ
フセム・アワール リヨン
イコネ リール
グエンドゥジ ヘルタ
カマヴィンガ レンヌ
コテナ ライプツィヒCB
ウパメカノ ライプツィヒCB
ラフォン ナント正GK

スペイン

オヤルサバル ソシエダ
アンス・ファティ バルサ
ブライス・メンデス セルタ
フェラン・トーレス マンチェスターC
ダニ・オルモ ライプチヒ
パウ・トーレス ビジャレアルCB
ウナイ・ヌニェス ビルバオCB

ドイツ

ハフェルツ チェルシー
スアト・セルダル シャルケ

ルーマニア

ブラジル

G・ジェズス マンチェスターC
リシャルリソン エバートン
ダビド・ネレス アヤックス
ヴィニシウスJR Rマドリー
ロドリゴ・ゴエス Rマドリー
ドウグラス・ルイス アストンビラ
レナン・ロディ Aマドリー
エメルソン トリノ
ルイス・フェリペ ラツィオ
ガブリエウ アーセナル
ダニエウ・フザート ローマ

アルゼンチン

ラウタロ・マルティネス インテル

ユーロとコパに出場するから来ないでしょ?ここで勝たなきゃいつ勝てるのか。

エジプト
コートジボワール
南アフリカ

アメリカ?

プリシッチ(マンチェスターc)
レイナ(ドルトムント)
サージェント(ブレーメン)
アダムス(ライプツィヒ)
マッケニー(シャルケ)
セルジーニョ・デスト(バルセロナ)
+OA

メキシコ?

アフリカ勢はアフリカネーションズカップが1月ですから五輪は出場してくるかも。
1月は久保くんはナイジェリアのチュクウェゼがビジャレアルから1ヶ月間いないから試合出場多いかも。
日曜日には欧州サッカーも再開します。
今期の欧州サッカー選手名鑑も発売されました。
ん、香川真司は?
ビジャレアルはエースが怪我したけど久保くんは日曜日もスタメンじゃないのかしら?
話を代表に戻しますが日本は自国開催ですからおそらく海外組は特例で召集できると思うんです。
欧州国は五輪にはMAXではないし南米はコパで主力がいないし世代別代表が強いアフリカ勢とアメリカ黄金世代と金メダル経験があるメキシコがこわいですね。
二軍でもブラジルならこわいですけど。
そして一番対戦したくないのはお隣さん。
メダルはノルマではないでしょうか?
ブラックなノルマですかね?
4321
3421(352)
の日本を考えました。
オーバーエージ(大迫 南野 柴崎)大迫⇔鎌田
(鎌田使用ならトップ南野でトップ下鎌田)

4231
・・・・・・大迫勇也
・・・・・・(ブレーメン)
・・三笘薫・南野拓実・久保建英
・・(川崎)・(リバプール)・(ビジャレアル)
・・・・・柴崎岳田中碧
・・・・・(レガネス)(川崎)
中山雄太 板倉滉 冨安健洋 橋岡大樹
(ズヴォレ)(フローニンゲン)(ボローニャ)(浦和)
・・・・・・大迫敬介
・・・・・・・(広島)

SUB
沖悠哉(鹿島)
田中駿汰(札幌)
菅原由勢(AZ )
三好康児(アントワープ)
遠藤渓太(ウニオン)
堂安律(ビーレフェルト)
上田綺世(鹿島)

3421→352

・・・大迫勇也 南野拓実
・・・(ブレーメン)(リバプール)
・・・・・久保建英
三笘薫・・(ビジャレアル)・・三好康児
・(川崎)・板倉滉 柴崎岳(アントワープ)
・・・(フローニンゲン)(レガネス)
・中山雄太 冨安健洋 橋岡大樹
・(ズヴォレ)・(ボローニャ)・(浦和)
・・・・・・大迫敬介
・・・・・・(広島)

SUB
沖悠哉(鹿島)
田中駿汰(札幌)
菅原由勢(AZ )
田中碧(川崎)
遠藤渓太(ウニオン)
堂安律(ビーレフェルト)
上田綺世(鹿島)

どうしても三笘を入れたいです。
遠征とか呼べないなら欧州の安部裕葵あたりになるのかしら。
三好は名門アントワープでRWBで大活躍だし今は堂安ゴメンなさい。
ただ、堂安は日本人が数字のあげれないプレミアでいずれ得点したいとかPSVが厳しいとブンデス昇格クラブに移籍したり判断力があり野心家ですから成長を期待しています。
お!1点取った!
3421だと三笘のスペースを南野が邪魔?になるので普通に2トップにすれば南野もやり易い。

・・・・・大迫
・・南野・・・・久保

三笘・・板倉 柴崎・・三好
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・・・・大迫 南野

・・・・・久保
三笘・・・・・・・・三好
・・・板倉滉 柴崎岳

三好は中央に入ってくるから久保くんが得意の右に流れることが可能で左に久保くんが流れるとクロスくらいしかなくて山中みたいなクロサーではないので勿体ないので流れずに左が得意な三笘のスペースを確保させます。
両サイドは右利きの三笘を左に置き左利きの三好を右に置いての二枚刃両サイドは魅力的です。
いや、開催国の東京五輪はチャンスじゃないですかね。
森保さんの手腕も判断できます。
東京五輪日本代表に期待しています。
A代表も352の2トップなら長友佑都と大迫勇也の朽ちた後も対応しやすいかもしれませんね。
柴崎も28歳ですから次回W杯は大丈夫でその次のW杯は22歳になる中井くんあたりがでて来れば。

・・・大迫勇也 南野拓実
・・(鈴木優磨)(浅野拓磨)
・・・・・鎌田大地
原口元気・(堂安律)・伊東純也
(中島翔哉)・・・・・(三好康児)
・・・・柴崎岳 遠藤航
・・・(橋本拳人)(板倉滉)
・冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹
(中山雄太)(久保建英)(植田直通)
・・・・・・権田修一
(シュミットダニエル 小久保玲央ブライアン)

国内組も良い選手がいますがコロナ禍であり三笘らが欧州移籍したら昌子源くらいで昔に通用しなかった訳でもなく国を変え再び海外移籍しオール海外組の可能性ある日本代表も期待しています。
(SO-02L/d)
若葉
日本代表の現在地B
なんとか柴崎→植田の鹿島ラインのセットプレーで勝ちました。
守備は素晴らしいですね。
吉田麻也(4大)冨安健洋(4大)
酒井宏樹(5大名門)遠藤航(4大)
↑所属先レギュラーも納得です。
どうやって得点するか?
レベルが上がるとやはり最後は個の力が必要であります。
守備は大丈夫なんで攻撃の最適解を見つけたいです。
守備は上記4人とGKでやられたらしょうがありません。
他は得点にかかわれる構成にしたいですよね。
WBは三笘薫に攻撃させたいです。
11月は国内組ありみたいだし。
所属先が優勝争いで出しませんかね?
Jは佳境だしまた欧州組だけになるのかな?
守る時は原口いれたり酒井宏樹を上げて植田入れたり。
3バックなら5人攻撃させられますね。
(大迫 南野 鎌田 三笘 伊東)
4321だと4人ですから。
(大迫 南野 堂安 中島)
攻撃の人数を増やしたい。
三好もアントワープで初のRWBで4点に絡んだしコパを観ると魅力的だなあ。
守備難の中島翔哉をジョーカー起用にしたり。

森保式?
・・・・・大迫勇也
・南野拓実(鈴木武蔵)鎌田大地
(中島翔哉)・・・・(久保建英)
三笘薫・柴崎岳 遠藤航 伊東純也
(原口)(中山)(橋本)(三好康児)
・・・冨安健洋 酒井宏樹
・・・(昌子源)(植田直通)
・・・・・吉田麻也
・・・・・(板倉滉)
・・・・・・GK

GK以外は守備力はすごい?
攻撃は欧州組所属クラブでの得点関与への成長待ちですかね。
まだわりと若い選手多いし。
まだ攻撃の主力級が所属先で足場が固まってないのが不安かな。
関西人様、南野は朽ちないでしょうか?
新加入ジョッタはリバプールで早速得点していまいました…。
攻撃陣はその高いレベルゆえ競争で苦戦していて代表の中心は大丈夫かしら?
本田圭佑 香川真司も高すぎて試合出場できずだんだん朽ちていったような。
南野と久保くんの試合感大丈夫かな。
日本代表に期待しています。
(SO-02L/d)
若葉
日本代表の現在地A
個人的に日本の武器である二列目の攻撃力を活かす為の選手構成を希望します。

・・・鈴木武蔵 南野拓実
(古橋 武藤 大迫)
・・・・・鎌田大地

・三笘薫・・・・・・・久保建英

・・・・・・遠藤航
長友佑都・・・・・・・酒井宏樹

・・・吉田麻也 冨安健洋

・・・・・・・GK

南野に得点してもらう為に大迫がいたほうが良いのかも知れない?
でも2トップなら別に南野拓実と武藤嘉紀や南野拓実と古橋亨梧や南野拓実と鈴木武蔵でもいいのか。
鎌田を活かす為にフランクフルトと同じように2トップのトップ下を用意して、久保くんには得意の右サイドを用意。
左サイドは売りだし中の三笘薫を観てみたいです(欧州遠征は不参加)。
守備に入る時は両サイドに原口、堂安を入れたり、得点が欲しい時はサイドに中島翔哉、伊東純也を投入できます。
原口は2部I番で成長させ来期のブンデス1部昇格後、堂安はブンデスで得点するように成長するまで守備で貢献してもらいます。
アンカーはブンデスリーガ第3節ベストイレブンに選出された貴重な遠藤航に頑張ってもらい、思いきって柴崎岳を外してみるのも手かもしれない。
大迫 柴崎なしでもありなのではないですかね。
もちろん引き出しを増やすために召集メンバーには入れておきます。
東京五輪で予想されるOAの大迫 柴崎は成績次第では解体じゃないですが他にも手はありそう。
得点するのにはなんせ最後は個の力が必要で今までは大迫と柴崎が二列目を引き出してましたが鎌田、久保くんあたりは彼らより欧州でやれそうなので。
代表で難しいけど川崎フロンターレみたく誰が出ても強さがあまり変わらないとかいいですよね。
2トップなら南野が不調でも武藤嘉紀や古橋亨梧をいれられます。
鈴木武蔵もいましたか。
ディフェンスライン(アンカー含む)はGK以外はアジアレベルを超越しておりますので。
コートジボワール戦は得点が観たいです!
お隣の国は欧州組が少ないから試合が開催できない為に国内でKリーグ選抜対Kリーグ東京五輪世代の試合をやったみたいですね。
日本はアジアでは欧州組が突出した人数がいて更に国内組もいますから選手層が厚いです。
以前はいきなりアーセナルとかで失敗しましたが今は段階を踏むようになり分母が増えました。
あとはGKと攻撃で個の力がでてくれば理想的です。
日本代表に期待しています。
(SO-02L/d)
若葉
日本代表の現在地
・・・・・南野拓実
・三笘薫・(大迫勇也)・伊東純也
(中島翔哉)・・・・・・(坂元達裕)
・・・・鎌田大地 久保建英
・・・・(柴崎岳)(大島僚太)
・・・・・・遠藤航
・・・・・(中山雄太)
原口元気・・・・・・・・酒井宏樹
(堂安律)吉田麻也冨安健洋(室屋成)
・・・・(板倉滉)(昌子源)
・・・・・・権田修一
・・・(大迫敬介 沖悠哉)

よく日本代表を妄想します。恐縮です。
海外で大迫がスタメンから外れてしまい、代わりに入ったフュルクルクがハットトリックしました。
昨年怪我から復帰して後半8試合4得点と大活躍し残留に貢献した大型CF でありリーグで14得点を記録したことのある27歳ですから移籍の噂がありましたが残るようですね。
関西人様のおっしゃるように南野の1トップ(0トップ?)はそろそろ考えても良いですかね。
中盤の選手が強力ですから433とかにしたら面白いです。
高齢の長友のところが心配ですが原口とか堂安は欧州では攻撃力はほどほどですが守備ができますから代表では左サイドバックにコンバートしてみてはどうでしょう?
原口はドイツ2部でもたまにやってましたよね。
堂安もサイドバックでなら攻撃力は魅力的です。
カタールW杯を考え酒井高徳に代表復帰を要請しても良いかもしれません。
国内組を考えるとやはり三笘と坂元のサイドプレーヤーは魅力的ですよね。
欧州に渡る可能性は高いのかな。
古橋や(江坂)もいますが国内にいる限り得点王とかにならないとインパクトが弱いのかもしれない。
でも良い選手ですよね〜。
遠藤航がブンデスリーガでボランチで貴重なレギュラーでまだ若い中山雄太もオランダでボランチで出場していてボランチ一本にかけると発言した記事を見かけました。
橋本拳人は年齢的に27歳ですからロシアでのステップアップも必要?ですが期待しています。
吉田麻也も高齢ですから控えは大型の若い板倉滉が有力?でW杯ベスト16スタメン経験者で海外帰りの昌子源は清武弘嗣や井手口陽介みたく時間がたてば復活するんじゃないでしょうか?
宇佐美貴史はもしかしたら大久保嘉人みたいなキャリアをたどるかもしれません。
昌子が復活するまでは谷口彰悟の台頭もあるかもしれない。
鎌田大地もフランクフルトでスタメンですからなかなかのものです。
2アシストしたみたいですし。
突出した個はまだいませんが総合的にぼちぼちじゃないですかね?
あとはやっぱりキーパーですかね。
今朝、ビジャレアル対バルセロナを視聴しましたがエメリ監督は格上にはからっきし駄目だと評価を頭に入れておきましたがやっぱり変わってないんですね。
何故なんだろうな?いつもそうみたい。
反対にリーズのビエルサ監督はジャイアントキリングが得意だが強いチームを指揮するとからっきし駄目なんだろうな。
久保くん頑張ってね。
日本代表に期待しています。
(SO-02L/d)
関西人
加熱式タバコ
9月も残すところあと僅かになり、個人的に気になってることがひとつ。
それは、10月1日からのタバコの値上げだ。
値上げをキッカケに禁煙をする人は多いだろうが、私は今さら禁煙などしない。
そこに迷いはないんだけど、ただし年々喫煙者の数は減り、喫煙者が生きていきにくい社会になってきたのは紛れもない事実である。
施設も全面禁煙のところが増えてきている。
喫茶店ですらアウトというところがあるし、喫煙スペースがあってもそこは加熱式タバコのみ許可で、紙巻きタバコはまた別の密閉された狭い牢屋があったりしてさ。
もうね、紙巻きタバコ喫煙者はいまや社会不適合者扱いなんですよ…。

で、実を言うと私は少し前から加熱式タバコに切り替えている。
「アイコス」というやつ。
でもさ、このてのやつに切り替えた人なら激しく同意いただけると思うけど、加熱式タバコはマズイんだ!
とにかくマズイ!!
だから最初切り替えた時は「やめよっかな」と悩んだほどなんだけど、やはり加熱式タバコは灰や煙が少ないので自分の部屋の汚れが減ったという大きな利点があり、我慢して今日まで来たワケよ。
すると不思議なもんだね、マズさにも少し慣れたわ…。

で、思ったんだよね。
こういう形で、現代人はどんどんマズさに慣らされていくんだよ。
ビール⇒発泡酒の時もそうだった。
みんな、時代を経るごとに食べ物や飲み物は進化としてどんどん美味しくなっていく、という思い込みがあるでしょ?
たとえば、江戸時代より現代の方が美味しい物が多い、というイメージがあったりして。
それ、部分的には正解だけど、部分的には不正解だと思うんだ。
添加物にまみれた現代の加工物、季節に関係なくビニールハウスで栽培されている現代の野菜など、おそらく江戸時代の物より美味しくないと思う。
江戸時代のは全てオーガニックであり、全て旬の食材だから。
だけど現代人は、日々「マズイなぁ」と思いながら食生活を営んでいるワケでもない。
慣れてるから、とりたててマズさには気付かないんだよ。

そういや、昔見た映画でメグライアン&ヒュージャックマン主演の「ニューヨークの恋人」というやつがあったんだけど、それは19世紀の貴族が現代にタイムスリップしてくるという内容だったのね。
その中で、貴族のヒュージャックマンが現代の食べ物を口にして「マズイ」を連呼するシーンがあったのよ。
そりゃそうだろうな、と思った。
多分、19世紀の方がオーガニックで旬の食材ばかりを使った本物である。
カロリーを気遣って合成甘味料を使った物なんてなかっただろうし。
なんていうかさ、現代というのはあまりにも商業的すぎるんだよね。
カロリーオフとか健康志向とか廉価とか、そういうのが売れるとなれば本物を使わずに偽物の代用品を立てる。
で、大体のパターン、本物よりも少しクオリティ落としてるんだわ…。

で、思ったんだ。
サッカーもまた、そうなんじゃないかな、と。
そもそもサッカーは19世紀の英国で発祥した文化であり、おそらくそれこそが混じり物ゼロのオーガニック、本物なんだよ。
それ以降の20世紀21世紀、どんどん添加物が加えられたんだけどね。
あ、ここでいう添加物はプレッシングなどモダンサッカーの守備戦術を指し、必ずしも悪い意味ではないんだけど。
ただし、昔のサッカーが持っていたオーガニックな美味しさは、そうした添加物により、若干損なわれた可能性があることは理解しておくべきかと。
多分、ペレやガリンシャのドリブルって、我々が想像するよりも遥かに凄かったと思うんだよね。

じゃ、100年後のサッカーを想像してみてくれ。
どう?
今のサッカーから100年分の進化を遂げ、素晴らしいクオリティになってると思う?
私は、逆に素晴らしくなってない可能性も十分にあると思うんだ。
今よりも、さらに添加物がテンコ盛りの加工物になっていて…。
やはりスポーツは、できるだけオーガニックの要素を大事にしてほしいな〜。
そして、効率優先で加工されたマズイ物のマズさに人間が慣らされるようにはなってほしくない。
大事なのは、本物の美味しさである。
アイコス使ってるような私が言うのもアレだけどさ…。
(502SO/s)
若葉
アギーレ元日本代表監督
うん、トップ下に鎌田大地とか本田圭佑みたいなタイプならありかもしれませんね。
あるいは帰国後ようやくコンディションが戻ってきた清武弘嗣もひょっとするかもしれませんね。
ベストは誰も正解は解らん、の後でトップ下がベストは森保さんと意見が同じのところが理解しずらかったですが意味合いは伝わりました。
どこかで今の森保JAPANには必要かもしれないが所属チームを勝たせる空気感が大迫、柴崎にはないという事がわかったという指摘がありそういう見方もあるんだなと思いました。
433とかも良いですよね。

・・・・・・・南野拓実
・・三笘薫・・(武藤嘉紀)・・坂元達裕
(中島翔哉)鎌田大地 久保建英(伊東純也)
・・・・・(清武弘嗣)(堂安律)
・・・・・・・・遠藤航
長友佑都?・・・・・・・・・酒井宏樹
・・・・・吉田麻也冨安健洋
・・・・・・・・・Gk

あるいは3バックも
・・・・・・・南野拓実
・・中島翔哉・(武藤嘉紀)・久保建英
・・(乾貴士)・・・・・・(堂安律)
原口元気 鎌田大地 遠藤航 坂元達裕
(三笘薫)(清武弘嗣)(橋本拳人)(伊東純也)
・・・吉田麻也 冨安健洋 酒井宏樹
・・・(昌子源)・・GK
うむ、二列目がどういう成長曲線を描くのか妄想が楽しい?

ついでに五輪も

・・・・・・・南野拓実
・三笘薫・・・・↑OA・・・久保建英
・・・・・鎌田大地 堂安律・↑飛び級
・・・・・↑OA
・・・・・・・・遠藤航
・・・・・・・・↑OA
古賀太陽・・板倉滉 冨安健洋・・岩田智輝

・・・・・・・大迫敬介

香川真司についての考察はそうかもしれない。
あ〜、ほんとシャドーのままが良かったわ。
今月のナンバーが久保くん表紙で惹かれて購入して読んだ方も多いと思いますが久保くんは以前から中西哲生さんに個人的に指導受けてますよね。
毎週試合後に久保くんを継続的にサポートしてるみたいでそういう意味では今のところ良いかもしれませんね。
中井くんも今年から中西哲生さんにサポートしてもらってますね。
「久保くんに追い付けないぞ!」とはっぱかけられてるみたい。
とりあえずリバプールで南野を応援しています。
今の選手構成だとフィルミーノのところの1トップは難しいかもしれませんね。
そして昨日、神戸のフィンク監督が電撃退任で、後任にアギーレ氏浮上と驚きのニュースが入ってきました。
フィンクさんは欧州で名選手から監督になり地味に全てのクラブで成功をおさめており神戸でも初タイトルと今回も結果を出してはあっというまの退任になりました。
家族の元に帰るとの事ですが、コロナ禍でかもしれませんが欧州サッカーに戻りたいのかな。
結果を出したらすぐに他クラブで挑戦するイメージがあります。
フィンク監督は渡り鳥的な感じになってますね。
世界を知っていて日本も知っている監督で日本でも結果だして気にはなっていました。
後任にアギーレさんとか本当なら驚きです。
代表監督時代の教え子?の柴崎岳とか口説いたらどうなるんでしょう。
三木谷さんも考えたな?三浦淳宏SDのアイデアなのかわからないが壮大なプロジェクトになったりして。
下手したら柴崎岳のパスを武藤嘉紀がフリックしてメッシが決めるとかさ。
いやー驚いた。
(SO-02L/d)
関西人
適正ポジションA
まず基本的なことを言うと、南野は攻撃的なポジションならどこでも出来るのよ。
で、どこがベストかという点については、今のところ正解を誰も知らん。
クロップはおろか、おそらく本人すら知らんと思う。
なぜかというと、彼がまだ未完の選手ゆえ、ちゃんとした正解が確定してないからさ。

彼はセレッソ出身の選手であり、やはりタイプ的に香川と近いものがあると思う。
適正ポジションがどこなのかが分かりにくい、という点を含めてね。
で、その香川についても今まで色々な議論がされてきたワケさ。
私が年代別代表で彼を初めて見た時は、確か彼はボランチだった。
そしてドルトムントでブレークした時、彼はシャドーストライカーになっていた。
スルスルッとPA内に侵入し、一瞬でキメる暗殺者系。
だけど、彼はそっち系のスペシャリストにはならなかったのさ。
というのも、今の南野と同様に色々なスキルを持ってる選手だったがゆえ、周りが色々コネくり回したんだよね。
で、「香川はFW系でなくMF系じゃね?」という話になり、やがてインサイドハーフに回された。
そこで彼の類い稀な戦術勘が発揮され、クロップからは「ゲーゲンプレスの申し子」とまで言われて…。

こういった流れは皆さんもよくご存じのことだろうが、今だからこそ言えることだけど、私なんかは彼を変にコネくり回さずにシャドーストライカーをそのままやらせた方がむしろ大成したんじゃないかな、と思ってるのね。
もちろん、これも正解は分からん話だよ。
ただ、彼は少なくとも渡欧直後には決定力が売りという日本人として稀な選手だったワケで、それがFW系かMF系かとコネくり回されてるうち、いつの間にかその売りが朽ちてしまったのさ。
今考えても、これはマジ悔やまれる…。

そして南野の件だが、前述の通り彼も香川と同カテゴリーの選手だからこそ、今後やはりコネくり回されるワケよ。
体が大きくはなく、そしてドリブルの上手い選手だからアウトサイドに回されることはよくある。
確か、手倉森ジャパンの時もそうだったよね。
その理屈はよく分かるんだけど、しかし私が見た手倉森ジャパンの印象として、同じアウトサイドなら南野より中島の方が良かったワケよ。
ふたりはタイプが違うんだろう。
個人的なイメージとしては、中島がやや乾に近く、南野がやや香川に近い印象。
中島はオラオラとドリブル仕掛けるタイプゆえ、一対一の局面が多いアウトサイドでこそ輝く。
一方の南野もドリブル仕掛けるタイプなんだけど、どちらかというと彼はスペースのない密集の中でスルッとかわしていくタイプ。
特に、彼のターンは美しいよね。

というワケで、私の中では南野の適性がインサイド、中島の適性がアウトサイドということになる。
そこは森保さんの解釈と全く同じ。
あとは、南野がFWかトップ下かインサイドハーフかという判断になるんだが、ベストがトップ下というのは、そこも私の意見は森保さんと全く同じ。
できるだけゴールに近いところ、敵の密集した所でプレーさせた方がイイから。
もしくは、2TOPの一角というのも悪くないかな?

そうそう、彼は森保ジャパンで一度1TOPもやったよね。
確か、W杯アジア予選のタジキスタン戦。
最初は鎌田1TOP、南野トップ下という形だったんだけど、しっくりこなくて途中から南野1TOP、鎌田トップ下という形で役割を入れ替えた。
森保さんは練習時から「どっちでもイイよ」と言ってたらしく、本番はふたりの現場判断で入れ替わったらしい。
で、結論を言えば、入れ替えて正解。

・・・・南野
中島・・鎌田・・堂安
・・柴崎・・橋本
長友・吉田-植田・酒井
・・・・権田

この形にアレンジした途端、南野が2連続ゴールだった。
大迫不在時のオプション、もしくは大迫が衰えた後の新体制として、南野1TOPは全然ありだと思う。
大迫のように体を張って味方を生かす1TOPではなく、どちらかというと彼がターンして自らシュートを狙う1TOPである。
南野⇔鎌田は、可能性ある組み合わせのひとつだと思う。
(502SO/s)
若葉
南野拓実の起用法
リバプールはビッグクラブなのでわざわざ南野の為のシステムを創るのは考えづらいですよね。
インサイドハーフはできると思います。
ただ今のリバプールではインサイドハーフにストライカー色のある選手をクロップは決して置かないんですよね。
フィルミーノの位置を南野ができるのは難しそうで昨日もあまり機能していなかった。
そもそも日本代表に大迫勇也が必要なのはリバプールでいうフィルミーノの役割を大迫がしているからでそれを南野ができないから大迫がCFという現状があります。
日本代表も二列目に大迫より得点力のある選手が二人いると理想的ですかね?
もちろんトップ下が一番ですが現状は点を取りに行く時にインサイドハーフを1人外して4231にしてトップ下に南野ですよね。
現にアーセナル相手に公式戦で初得点しましたから機能すると思いますがチアゴ加入により実現するシーンが少なくなりますね。
バイエルン3冠のチアゴ・アルカンタラかキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンのどちらかを外さないと起用できません…。
4231のトップ下は適性だが…。
何かあってしょうがなくインサイドハーフに南野を置いたら意外と機能したとかにならないと難しいのかなあ。
インサイドハーフといえばブンデスリーガ開幕戦で堂安律がインサイドハーフでデビューして悪くなかったのは朗報ですね。
クロップが南野をインサイドハーフに置いてくれたら東京五輪代表も久保くんがいて使いずらかった堂安も活きてきますよね。

リバプール基本
・・・・・フィルミーノ
・・・(9点8アシスト 28歳 180p 伯)
・マネ・・・・・ ・・サラー
(18点9アシスト28歳)(19点10アシスト 28歳)
・・・・チアゴ ヘンダーソン
(29歳 西代表)(4点5アシスト 30歳英代表)
・・・・・ファビーニョ
・・・・(2点 28歳 188p 伯)
ロバートソン・・・・アーノルド
(2点12アシスト 26歳)(4点13アシスト 21歳)
・・ファンダイク ジョーゴメス
(5点 29歳193p蘭)(23歳 188p英)
・・・・・・アリソン
・・・・・(27歳 192p 伯)
(昨日は普段アンカーのファビーニョがCBでした。現代サッカーはバイエルンのキミッヒのRSBとボランチ兼用、同じくダビドアラバのLSBとCBの兼用を同じレベルでやってしまいます。すげーわ。冨安健洋もボローニャでRSBで活躍です。近代的な選手が日本にも出現しました。明日はいよいよCBでミランのイブラヒモビッチと対峙します。期待半分、心配半分)


リバプール4231(オプション)

・・・・・フィルミーノ

・マネ・・・南野拓実・・サラー

・・ファビーニョ チアゴ
・・・・・・・(ヘンダーソン)

リバプール基本

・・・・・フィルミーノ

・マネ・・・・・・・・・サラー
・・・南野拓実・チアゴ
・・・・・・・・(ヘンダーソン)
・・・・・ファビーニョ

東京五輪2021?

・・・・・・大迫勇也
・三笘薫・・↑OA・・久保建英
・・・・南野拓実 堂安律↑飛び級
・・・・↑OA
・・・・・・・遠藤航
・・・・・・・OA ↑
古賀太陽 板倉滉 冨安健洋 橋岡大樹

・・・・・・大迫敬介

現実的にはこんな感じか?

・・・・・・大迫勇也
・・・・・・・↑OA
・三笘薫・・南野拓実・久保建英
・・・・・・・↑OA・・↑飛び級
・・・・・柴崎岳田中碧
・・・・・↑OA
古賀太陽 板倉滉 冨安健洋 岩田智輝

・・・・・・大迫敬介
sub
上田綺世(鹿島)FW 182p
前田大然(横浜M)FW
堂安律(ビーレフェルト)OH
田中駿汰(札幌)CB DH 183p
中村帆高(東京)両SB
中山雄太(ズヴォレ)CB DH 181p
沖悠哉(鹿島)GK 184p

あー、クロップが南野をインサイドハーフで使ってくれないかな〜。
ここからは妄想です。
記者「今日はよく2点差をサラーとマネで追い付きましたね!」
クロップ「いやいや、今日はタキだよ(笑)」
クロップ「タキができるのはわかってたけどG番もできるなんて驚きだよ!」
記者「トップ下起用かとおもってました。」
クロップ「◯◯がああいう事になってタキに無理やりやってもらったんだけど見事だったね。君も観ただろ?我々にはタキがいるのさ。」完
↑妄想にお付き合いいただきありがとうございました。
南野には力はある。
そしてソンフンミンがセインツ相手に4得点とか、やりますねー。
サッカー選手も色々なタイプがいますね。
王様にしてあげないと活躍しないタイプがいます。
アザールもそうなんですかね?今期でわかるな。
レアルでからしき駄目だったハメス・ロドリゲスが移籍していきなり活躍しました。
おそらくベイルも古巣のトッテナムで機能するでしょう。
ハリー・ケイン、ソン・フンミン、ガレス・ベイルの3トップとかトッテナム凄すぎるわ。
日本のI番である中島翔哉も王様タイプかもしれないな。
そういえば長友佑都のデビュー戦は残念だったみたいですね。
まだまだ期待しますがもう34歳ですからね。
3バック導入は意外と早いかもしれないな。
日本代表に期待しています。
(SO-02L/d)
関西人
適正ポジション
リバプールvsチェルシー、強豪同士の対決は案の定リバプールの勝利となった。
南野は終盤に少しだけ出たが、やはりチェルシーほどの強豪が相手になるガチの試合でのスタメンは程遠いみたいだね。
フィルミーノ、マネ、サラーの3TOPに割り込むことは難しい。
仮に割り込みことが可能だとするなら、システムを433⇒4231にして南野をトップ下にする形ぐらい?
一応、リバプールは4231をオプションとして開発中ではある。

南野は攻撃的ポジションならどこでもできる器用な選手だが、もういっそのことトップ下を極める?
代表でもトップ下なんだし。
森保さんもクロップも彼をトップ下起用するというのなら、やはり彼の適正ポジションはそこなんだろう。

そして4231って馬鹿にできないな〜と最近思うのが、いまや世界最強というべきバイエルンが4231を主に使っているからである。
開幕戦、シャルケに8-0の大勝だったね。
バイエルンの4231は安定している。
森保さんが「日本の目指す形」に敢えてバイエルンの名を挙げたのも納得できるわ。

そして、バイエルンのトップ下はミュラーである。
ミュラーは、よく分からん選手である。
いや、凄い選手であることは知ってるんだけど、それでも具体的に何が凄いのかがよく分からない。
ワールドカップで大会得点王という実績があるから点取り屋かと思いきや、ブンデスを見る限りでは近年あまり点を取っていない。
16〜17シーズンで5点、17〜18シーズンで8点、18〜19シーズンで6点、19〜20シーズンで8点。
えっ、こんなもんでイイの?って思わない?
代わりに、センターFWのレバンドフスキがアホみたいに点を取ってくれてるんだけどさ。
16〜17シーズンで30点、17〜18シーズンで29点、18〜19シーズンで22点、19〜20シーズンで34点。
そう、バイエルンは得点⇒レバンドフスキ、アシスト⇒ミュラー、という役割分担なんだ。
ちなみに昨シーズンのミュラーのアシスト数は21で、これはブンデスの歴代アシスト数の新記録らしい。

バイエルンが、こうして分かりやすく得点⇒センターFW、アシスト⇒トップ下、というオーソドックスな形だとして、じゃリバプールの場合はどうなのか?
リバプールの2019〜2020シーズンを見ると、
@サラー(右WG)⇒19点
Aマネ(左WG)⇒18点
Bフィルミーノ(センターFW)⇒9点
というのがチーム内得点ランキングになっている。
そして、
@アーノルド(右SB)⇒13アシスト
Aロバートソン(左SB)⇒12アシスト
Bサラー(右WG)⇒10アシスト
というのがチーム内アシストランキングになっている。
なるほど、得点は左右WG、アシストは左右SB、ということか。
バイエルンとリバプールでは、意外とメカニズムが違うんだね。

ちなみに、森保ジャパンはどうなのか。
森保体制になってからのチーム内個人成績を見ると、得点では
@南野(トップ下)⇒11点
A大迫(センターFW)⇒7点
B中島(左WG)⇒4点
B原口(左WG)⇒4点
となっている。
そしてアシストでは
@酒井(右SB)⇒5アシスト
A南野(トップ下)⇒4アシスト
A中島(左WG)⇒4アシスト
B柴崎(ボランチ)⇒2アシスト
B冨安(CB)⇒2アシスト
となっている。
一概に、バイエルン型ともリバプール型とも言えない。

何にせよ、得点では南野がダントツ1位、彼はアシストでも2位なんだから、このチームはかなりトップ下依存のコンセプトかもしれない。
南野がコケれば、チームがコケる。
だから一番怖いのは、その南野がリバプールでずっと試合に出られず、実戦勘を鈍らせてしまうことなんだ。
そして一番理想なのは、リバプールがバイエルンの圧倒的強さに感化されて4231
の機会を増やす⇒南野の出番が増える⇒南野が代表でもますます機能する、という形である。

もしリバプールが4231をやらず、あくまで433という場合、南野はどうすればイイのか。
そうね、サラーとマネの位置はキツいだろう。
あのふたりは得点力がハンパないし。
まだフィルミーノの位置か、もしくは以前にクロップが香川に託したポジション、インサイドハーフの方がマシだと思う。
早く、そのへんをハッキリさせるべきじゃないかと。
センターFWとインサイドハーフでは仕事の内容が全く異なるし、二兎を追う者は一兎をも得ず、俺どっちもイケますよ?という準備では通用すると思えないんだよね。
(502SO/s)
若葉
海外組2020ー2021
リバプール 1位 CL出場

・・・・・フィルミーノ
・・・(9点8アシスト 28歳 180p 伯)
・マネ・・・・・ ・・サラー
(18点9アシスト28歳)(19点10アシスト 28歳)
・・・・チアゴ ヘンダーソン
(29歳 西代表)(4点5アシスト 30歳英代表)
・・・・・ファビーニョ
・・・・(2点 28歳 188p 伯)
ロバートソン・・・・アーノルド
(2点12アシスト26歳)(4点13アシスト 21歳)
・・ファンダイク ジョーゴメス
(5点 29歳 193p蘭)(23歳 188p英)
・・・・・・アリソン
・・・・(27歳 192p伯)

Sub
オリギ(4点 25歳 185p)
ジョッタ?(23歳)
南野拓実(25歳)
ワイナルドゥム(4点 29歳)
ナビケイタ(2点 25歳)
ネコ(19歳 183p)
マティプ(1点 29歳 189p)

ビジャレアル5位 欧州リーグ出場

・・・・・パコアルカセル
(ドルトムント5点→ビジャレアル4点26歳 西)
モイゴメス・・・・チュクウェゼ
(5点26歳西)(3点21歳ナイジェリア代表)
・・・・ジェラールモレノ
・・・(18点 26歳 西代表)
・・・・パレホ コクラン
・・(31歳180p西 )(29歳 仏)
ペドラサ・・・・・・・ペーニャ
(24歳 182p西)・・・(29歳 西)
・パウトーレス アルビオル
(23歳190p西代表)(34歳188p西)
・・・・・・アセンホ
・・・・・(31歳 189p西)

sub
カルロスバッカ(2点 33歳 181pコロンビア)CF
久保建英(4点 19歳 173p 日本)OH
イボーラ(1点 32歳 190p 西)CH
トリゲロス(2点 28歳 178p 西)CH
エストゥピニャン(22歳175p エクアドル)LSB
チャクラ(27歳 188p モロッコ)CB
ルジ(28歳189p アルゼンチン)GK

フランクフルト9位 なし

・アンドレシウバ バス・ドスト
(24歳ポルトガル代表)(31歳オランダ192p)
(12得点)(9得点ポルトガル得点王)
・・・・・・鎌田大地
・・・(23歳 日本 180p 2得点)
コスティッチ・・・・チャンドラー
(セルビア代表4得点)(26歳アメリカ代表5得点)
・・・・ローデ・ジブリル・ソウ
(24歳ドイツ179p)(23歳 スイス代表184p)

・エンディッカ・ヒンターレッガー
(20歳 仏 190p)(27歳 墺代表184p )
・・・・・・長谷部誠
・・・・(36歳 日本 177p)
・・・・・・トラップ
・・・(30歳 ドイツ代表 189p)

日本人海外組の上位トップ3を記述しました。
中島翔哉のいるポルトは4大リーグでなくても欧州CLにストレートですからかなり強いかもしれませんね。
下手するとビジャレアルと同等かそれ以上かもしれない。
もちろん日本代表より強いでしょう。
そして王者リバプールがチアゴアルカンタラを獲得しました。
南野ヤバいかもしれない…。
バイエルンの3冠の主力だわ。
何がヤバいかってチアゴアルカンタラとキャプテンのジョーダンヘンダーソンは交代させずらいでしょ。
しかも左ウイングにウルブスのディエゴ・ジョッタを獲得間近とかマジか?!
プレミアで一昨年9点昨年7点とまだ23歳の若武者です。
南野が出場するならシステム変更したトップ下か左ウイングor 左サイドハーフですよね?
南野は試合に出れるかなあ。
久保くんのビジャレアルは乾、武藤のエイバルと日本人対決が続きます。
久保くんも出れるかなあ。
鎌田くらいの中位クラブが無難なんですかね?
とはいえW杯でベスト8を狙うなら日本のトップオブトップの選手はこのレベルで試合で絡んで欲しいですよね。
ただ途中出場から久保くんはさすがでいいプレーはしてましたね。
もう少し長い時間を与えたら何かやりそう。
あとは下位でも良いので4大リーグのキーパーを。
そうでないと戦力的にベスト8を求められたら監督はブラックなミッションになるのでは?
それ考えるとソンフンミンは凄いわ。
ソンフンミンのとことGKは負けていて攻撃力なら韓国、守備力なら日本ですかね、ただ肝心のGKが。
気に入らないかもしれませんが韓国代表を。
・・・・・ファンウィジョ
・・・・(ボルドー 6点185p)
ソンフンミン・・・・・ファンヒチャン
(トッテナム183p)イガンイン(ライプツィヒ)
・・・・・・(バレンシア)
・・・ペクスンホ ファンインボム
(ダルムシュタット180p)(ルビンカザン両足)
キムジンス・・・・・・・キムテファン
(全北現代)・・・・・(蔚山現代)
・・キムヨングォン キムミンジェ
・(G大阪187p)(北京国安190p)
・・・・・・チョヒョヌ
・・・・・(蔚山現代187p)

久保くんのライバルのイガンインがリーガ・エスパニョーラ開幕戦で2アシストしましたね。
やはり出てきたか。
韓国人らしくないかなりのテクニシャンです。
南野拓実のライバルはファンヒチャンだと思います。
ザルツブルクで南野が11点、ファンヒチャンが12点、欧州CL では南野が2点、ファンヒチャンが3点。
ステップアップで南野がリバプールでファンヒチャンがライプツィヒ。
いやー、何故か日韓にはちゃんとライバルがいるんですよね。
ソンフンミンのライバルは中島翔哉か。
カタールW杯は日韓カタールとアジアから3チーム決勝トーナメントに行くかもしれない。
再び増えたブンデスリーガの大迫勇也 堂安律 遠藤渓太 鎌田大地 遠藤航 長谷部誠
増加が嬉しいリーガ・エスパニョーラの 岡崎慎司 武藤嘉紀 乾貴士 久保建英
セリエAの冨安健洋 吉田麻也
リーグアンの酒井宏樹 長友佑都 川島永嗣
プレミアリーグの南野拓実
2部の原口元気 室屋成 香川真司 柴崎岳 宮市亮
バルセロナBの安部裕葵
中堅リーグ名門の中島翔哉 伊東純也 奥川雅也
日本代表に期待しています。
(SO-02L/d)
関西人
俺ガイル
ちょっと感動した。
ようやく、遂にか…、と万感の思いである。
一体何の話かというと、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 完」第11話で、遂に比企谷八幡が雪ノ下雪乃に告白をしたワケさ。
足掛け7年の長かったこのシリーズも、いよいよ次回で最終回である。

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」(以下略称俺ガイル)は、歴代ラブコメの中でも最高傑作と称されることが多いよね。
私から見て、ラブコメとしてはかなり異質な作風だと思う。
というのも、ラブコメなのに好きだの愛してるだのを誰も直接的な言葉にしないのよ。
今回の唐突な告白シーンにしても、比企谷の言葉は
「お前の人生を歪める権利を俺にくれ。
諸々全部やるから、お前の人生に関わらせくれ」
であり、それに対して雪ノ下のアンサーは
「あなたの人生を私に下さい」
だった。
もはや告白を超越して、ほとんどプロポーズじゃん(笑)。

いや、「俺ガイル」のオチはこれしか無かったと思う。
比企谷と雪ノ下はともにコミュ力低い「ぼっち」であり、友達を作ることが極端に不得手である(そこが由比ヶ浜と決定的に違う)。
ゆえに友達というファジーな距離感では疎遠になることが目に見えており、うわべをうまいこと取り繕ったリア充的人間関係を欺瞞だと憎悪する比企谷とすれば、「諸々全部やる」と一番ヘビーな形で雪ノ下との人間関係を維持するのが正しい選択だったんだと思う。
いつぞやに言っていた、比企谷の「俺は本物が欲しい」という言葉が今になって突き刺さるね。

そして、結果として比企谷はもうひとりのヒロイン・由比ヶ浜を振った。
結局、由比ヶ浜は比企谷への好意を言葉で伝えられなかった。
しかし、彼女は比企谷の言葉に彼が雪ノ下を選ぶ強い決意をきちんと感じ取り、「じゃまた明日ね」と笑顔で別れた後にひとりで号泣した。
コジらせ系の比企谷のややこしいところは、自らの行動に全て理屈付けをしてることなんだ。
教室で「ぼっち」でいることからしてそうだし、ありとあらゆる自分の行動に理屈付けをしている。
そして今回もまた色々と理屈付けした後、「いや、今の全部なし。もっと単純にあれだ、俺は雪ノ下と関わりがなくなることに納得できないだけなんだ」と彼にしては珍しく理屈が通ってないことを言い、それを聞いて由比ヶ浜は失恋を瞬時に理解した。
彼女は、それだけで潔く撤退した。
実に彼女らしい、優しい失恋の成立である。

「比企谷は雪ノ下と由比ヶ浜、どちらを選ぶのか」は今作最大のテーマではあったが、でもまぁ、物語的に雪ノ下を選ばなきゃおかしいよね。
由比ヶ浜は、あまりにも理想的な女子すぎるから。
まず見た目が可愛いし、ちょっとアホなのも逆に癒されるし、何より性格がメチャクチャ優しいし、温かい家庭でお母さんもメチャクチャ良い人だし、こんな由比ヶ浜を嫌う男子は世の中にいないだろう。
一方、雪ノ下は分かりやすい高嶺の花だ。
成績は学年トップ、スポーツ万能、美貌も学内一、親は社長で県議会議員、そして性格は高潔でプライド高く、迂闊に人を寄せつけない孤高の人である。
とにかく難攻不落の要塞みたいな女子なんだが、この雪ノ下が比企谷を徐々に自身のライバルとして認め、また徐々に異性として意識していく過程をここまで丁寧に描いてきたんだ。
そりゃ、最後は雪ノ下じゃなきゃ物語としておかしいでしょ。

じゃ、比企谷以外の男子キャラはどうか。
比企谷は「ぼっち」で学園カースト最下層の男子だが、それと対比をなす男子キャラとして、カーストの頂点に君臨する葉山隼人というのがいる。
イケメン、成績優秀、スポーツ万能、親は弁護士、そしてサッカー部のエースという学園のスター。
これがハリウッドのラブコメ映画なら、絶対に悪役だよね。
でも、この「俺ガイル」で葉山は悪役じゃない。
比企谷のことを「嫌い」と言いつつ、実はその才覚を誰よりも認めてて、他校の生徒が比企谷を馬鹿にした時は温厚な彼にしては珍しくキレたぐらいだ。
そう、リア充って案外性格良かったりするワケよ。

この作品見てると、何だかサッカー部が学園カーストの最上層にいる感じがしたよ。
まずエースには葉山がいて、その相棒としてウェイ系の戸部がいて、そしてマネージャーの一色いろははやがて生徒会長にまでなる有名人だ。
派手なグループである。
「俺ガイル」の舞台は千葉。
千葉といえば市船や流経大柏などサッカー強豪校が多く、サッカー部=カースト最上層という一定の公式があるのかもしれないなぁ。

ところで、アニメにならないだろうが「俺ガイル」の小説版で、本編とは別に後日譚を描いた短編集が出版されてるらしいのよ。
その中でも私が特に興味深いのは、比企谷と葉山がJ2のジェフ戦を見に行く、という編である。
さすがに地元愛があるのか、ふたりともジェフサポのようだ。
詳しくは分からないけど、ジェフサポなら必見の内容らしい。
私も機会があれば、読んでみようかな…。
(502SO/s)
関西人
ハイスペック
武藤嘉紀が乾のいるエイバルに移籍した。
期間限定のレンタルらしいが、それでもニューカッスルにいるよりはよっぽどイイ。
正直彼は、プレミアに来てからイイことなんてほとんど無かった。

そもそも、なぜニューカッスルは武藤を獲ったのか?
おそらく、岡崎慎司のプレミアにおける成功を受けてのことだろう。
2016年にレスターがプレミアリーグを制覇。
その立役者になったのが、岡崎という廉価な日本人FWだったワケよ。
で、岡崎に次ぐ二匹目のドジョウを狙ったんだね。
武藤はマインツにおける岡崎の後継者であり、二匹目のドジョウに相応しい、と。

だけど、武藤はうまくいかなかった。
これが私には意外だったのよ。
だってさ、武藤のスペックは凄いでしょ。
まず足が速くて、50m6秒フラット。
あと筋力がバケモノで、パワー勝負で大迫に勝てる日本人なんて彼だけじゃないかな?
当たりに負けないし、日向ばりのタイガーショットも撃てるし。
あと身長178cmで上背はないけど、跳躍力があるのかヘディングにも強い。
あと運動量豊富で、守備貢献もできる。

でも、彼の場合はハイスペックゆえの器用貧乏になってるのかもしれない。
ひとつの武器を極限まで極めるところがないというか…。
ロースペックの岡崎がバロンドール候補60名リストに入れたのも、彼が持つ数少ない武器を偏執的にまで研ぎ澄ませた結果でしょ?
ハイスペックの武藤は、やっぱり岡崎二世じゃないよな…。

ハイスペックといえば、私があともうひとり思い浮かぶのが杉本健勇である。
身長187cm、高さは日本人FW屈指。
そのクセ足も速く、50mは6秒フラット。
さらに言うと彼はセレッソユース育ちゆえ、足元の技術もある。
こんだけハイスペックなFWが、なぜレッズで足踏み状態なんだろうか…。
興梠という高い壁をなかなか超えられない。
武藤と杉本はともに92年生まれ、岡崎と興梠はともに86年生まれ。
つくづく、86年生まれの壁は高いよなぁ。
思えば92年生まれは俗にいう「プラチナ世代」で、もともとハイスペックが売りの世代だったんだよね。

難しいところである。
スペックだけで成功を保証されないのがFWの世界だ。
今の若手FWの中で個人的に「なんか武藤っぽいなぁ」と感じるのは、FC東京の田川亨介。
コイツも身長182cmながら足が速く、50m6秒フラット。
さらに跳躍力があり、空中戦で非常に強い。
おまけに、利き足は左。
なかなかのハイスペックである。
しかし、また例によってハイスペックの落とし穴があるのかもしれない…。
(502SO/s)