城弾シアター地下室
1:ナナッキン

あっと驚く喜久子さん?

ばくおんは外すも「ふらいんぐういっち」のお母さん役にあの「戦わない魔法少女」の世界観に和みながら「おおっ」と納得していた日々ももうすぐ終わる…と思ってたら驚きの情報が。
夏期癒やし系アニメ枠になりそうな「あまんちゅ」で喜久子さんがヒロインのおばあさん役で出演とのことです。
いわゆるがっちり女傑系の雰囲気ですがついに喜久子さんがおばあさん役で登場と思うと「+α歳の深み」を改めて感じます。
2016/6/12(日)20:23
2:城弾
 「あまんちゅ」に関してはTwitterで情報が流れてました。
 老婆役は初めてじゃないけど、さすがに驚きましたね。
2016/6/13(月)15:22
3:ナナッキン
>城弾さん
確かにああいう厳つい感じのお婆さん役で喜久子さんというのはまだまだ珍しい感じですし。
とは言え低い声も出せるだけにこれからお婆さん役もこなしていくのかも知れませんね。
ちなみに「あまんちゅ」の作者さんの代表作とも言える「ARIA」で喜久子さんが初代アリシアさん役というのは知る人ぞ知る話ですがこの作品に登場する「グランマ」のキャラも喜久子さんのお婆さん役が当てはまりそうな雰囲気のキャラだったと記憶しています。
2016/6/13(月)17:08
4:ナナッキン
朝も早くからですが「タイムトラベル少女」というアニメで喜久子さんがもう一人のヒロインのお母さん役で出演との事で。
他にもスフィアメンバー総出演と言う事ですが…何気に狙っていると言う所でしょうか。

この流れで「上村とまり17歳」アニメ化の折はぜひほのかさんに…となれば良いですがはてさて。
2016/7/9(土)6:48
5:城弾
>>4

『タイムトラベル少女』はあっとまんぼうのほうで。
そして確かにスフィア勢ぞろいですね。

「上村とまり」は確かに井上母娘だと笑えるでしょうね。
因みに僕は原作者のぷらぱ先生が大のゆかりんファンとしってて。
故にゆりえのモデルはゆかりんの方にも。
2016/7/9(土)22:44
6:ナナッキン
>城弾さん
しかしOP・EDは別のグループが。
そう言う点ではスフィアもまた「後輩達に背中を追われる存在」なのかも知れません。

ゆかりんファン…これで堀江さんも絡めば完璧布陣なのでしょうか?
2016/7/9(土)22:53
▼お名前(必須)

▼E-mail

▼コメント(必須)



最新レスを表示する
Presented by Z-Z BOARD