―紅海―
そこは夕暮れでも無いのに真紅に染まる海
様々な物が流れ着き、守るように水属性の強い魔物や怨霊が現われる
>アルバ
退室
…うん、うんっ!任せて、絶対治してみせるから。
(次もまた頼りにする、そんなふうに自分の力を喜んでもらえるのは嬉しく大きく首を縦に振る。前線では戦えないけれど、そんな者達を癒やすためなら頑張ろうと心に強く誓いをたてて笑みを浮かべて。)
私はとても嬉しい。…クーちゃんは?クーちゃんって呼ばれるの、嬉しくない?
(嬉しいものなのだろうかと考える姿に勿論だと即答する。しかし、模試それが自分だけでこの目の前の少女は違うのだろうかと考えれば、もしそうならば“ちゃん”付けというのはやめるべきかと申し訳なさそうに眉を下げ、伺うように見つめ。)
そうね、ちょっと洗ったほうがいいかも。…私、要塞都市に住んでいるのだけれど、良かったらこっちに来ない?身を清めたら、街を案内するから。
(戻ると聞けば大きく安堵に胸をなで下ろす。差し出された手を嬉しそうに取ると、紅海から離れるというならばこのままの要塞都市に行こうと誘う。まずは紅海離脱を最優先としつつ、もし叶うのならばきっとこのまま要塞都市へと向かうだろう。そうでなくても、共に歩むことは間違いないようで、紅海を後にして…。)


【途中、かなり遅レスになってしまい申し訳ありませんでした…。勇ましく戦う姿から、可愛らしい雰囲気に転じる辺りは胸キュンがとまりませんでした!こちらこそ、またぜひお相手くださいませ!お相手ありがとうございました。】
6/18 2:44
>ラディアンテ
退室/置きレス
ふふ、助かるわ。傷が治せるだけでなく、毒まで中和出来るなんて、凄いと思うのよ。
またアルバ…ちゃん、を頼りにする、かも。

(痛みも僅かな傷痕すらなく、実は凄い人なんだと勝手に信じ込みこの先も頼ることになるだろうと、馴れない呼び方で名を口にし)

嬉しい…?
でも、私は…何だか照れる、というか…っ。嬉しいのが、当たり前なのかしら。

(本当は嬉しく感じるのが普通なのだろうと、赤くなった顔は落ち着かず赤みが引かないまま左手を己の顎へと添えて。嬉しいと言うのなら、このままちゃん付けで呼ぶしかないだろうと考え)

えぇ、そのつもりよ。
血の匂いで厄介なのが現れても困るし。
……さ、一緒に帰りましょう?アルバちゃん。

(あれだけの量の血を海へと垂れ流してしまったなら、それを餌に何かが迫ってくる気がして。帝都へ帰ろうかとその方角を向いては彼女へと右手を差し出し、肩越しに振り向いて共に帰ろうかと微笑みながら言った。もし彼女が己の手を取ったなら足並みを揃えて歩むつもりで)

【そろそろ頃合いですね。長々とお相手くださり有り難うございました!今度は雨が降っていない安全な夜空の下でのんびりエンカもしてみたいとこですね…それでは、また次回もエンカした際はよろしくお願いします!お先に失礼します】
6/17 3:12
>アルバ
置きレス
ふふ、良かった。勇ましく戦えないけれど…傷を癒やすことはできるから、何かあったら言ってね。重体だって、解毒だって出来るのよ。
(驚いた表情で見つめられると、嬉しくなりつい小さな笑い声をもらし。そう何度も使えるものではないが生きている限りはどんなことだって治せると得意げにして。)
そうよ、初めて。だからとっても嬉しいの。
(驚く姿にはクスクスと笑みを零したが、こちらに背を向けられると何だろうかと不思議そうに首を傾げつつ“ちゃん”付けされるのは初めてだと肯定しながらその呼び方は気に入っているようで。)
じゃあ…他にも魔物がいるかもしれないってこと?クーちゃん、一旦離れましょう。きちんと体制を整えて、話しはそれからよ。
(少女の話を聞けば、やっと倒した水魔以外にも魔物がいるという事実に笑みが引きつる。今襲撃されたりしたらと考えると流石に自分の存在は足手まといな気がしてならず、それが理由で彼女が怪我をしたら大変だと紅海を離れることを提案して。)
6/17 2:21
>ラディアンテ
置きレス
…凄いわ。治った…!?

(此方の世界に来てから治癒魔法を初めて受け、その温かさに驚くがそれよりも肩の傷が癒えている事に口をポカーンと開けて傷があった肩と目の前の相手を交互に見ている)

か、かわっ…ッ!?ぁ、あー…初めて、なの?

(可愛いという言葉には慣れず、耳に届いた瞬間ビビッと鰭耳が反応し顔は真っ赤。気を遣ったつもりで此方もちゃん付けで呼んだのだが、初めて呼ばれたと聞けばやってしまったと己の顔を隠すように背を向けてしまい)

私は何でも屋なの。
討伐の依頼を受けて…でも、現れたのは全く別の生き物よ。

(目的を話し、肉片と化した水魔達を見下ろす。まだ赤い血液が海へと流れ込む様を眺めたまま言い切ると振り向いて)
6/16 4:39
>アルバ
置きレス
……こんなことしかできないけど、どう?
(静かに祈りを捧げると自らのローブの裾がふわりと揺れる。足元から白金色の光が出現し、少女の傷はじんわりと温まり静かに消えていくだろう。祈りを捧げていた手を下げると、にこりと笑みを浮かべて。)
クーちゃん可愛い。アルバちゃん、だなんて初めてよ。嬉しい。…クーちゃんはどうしてここに?
(歳相応らしい表情が見られると、殺伐とした雰囲気などはじめから無かったかのようにこちらも表情が綻んで。その表情を嬉しそうに見つめてから、どうしてこんなところに居るのだろうかと不思議そうに首を傾げて。)
6/15 23:12
>ラディアンテ
置きレス
治療、できるの?

(今にも何かしそうな格好に、小首を傾げてそのまま動かず任せようと。握手に応えられたならその手をゆっくり解き、久しく呼ばれる方の名前が耳に届けば嬉しそうに口元は弧を描く)

よろしく……アルバ、ちゃん…。

(此処の赤い海に似た色をした尻尾が揺れる。元々ちゃん付けで呼ばれる事すら無かった為、照れながらも呼び返した。その表情は先程まで大太刀を振り回していたとは思えないような、どこか弱々しささえ感じさせるもので)
6/14 23:53
最新投稿古い投稿

Presented by Z-Z BOARD